ツゲインの使い方講座
板書する男性

経口薬とは違い使い方に迷う散布薬。ツゲインの使い方をご紹介しています。

ツゲインと経口薬を併用して発毛効果アップ

ジェネリック医薬品の説明男性型脱毛症の治療薬として、公式に認められている成分には、ミノキシジルとフィナステリドがあります。このうちミノキシジルを含む育毛剤のひとつがツゲインです。含有量は2%、5%、10%の製品がありますが、女性が使用できるのは2%だけです。ジェネリック医薬品なので、比較的リーズナブルな価格で手に入ります。頭皮に直接塗布してマッサージするだけと、使い方も簡単ですから、育毛剤に慣れていない方でも安心して使用できます。
このツゲインと、フィナステリドを含む経口薬を併用すると、発毛効果がさらにアップすると言われています。医療機関では多くの場合、AGAの治療方法として、外用薬と経口薬の併用を勧めています。このふたつの成分は働きが異なるため、併用しても副作用が生じることはなく、相乗効果を発揮すると考えられるからです。
AGAの原因のひとつは、過剰な男性ホルモンが脱毛物質を作り出すことにあります。経口薬に含まれるフィナステリドは、男性ホルモンの分泌を抑え、脱毛の原因そのものを取り除きます。一方、ツゲインに含まれるミノキシジルは、頭皮の血行を活発にして、育毛に必要な栄養分や酸素が十分に供給されるようにします。つまり経口薬が脱毛予防、ツゲインが発毛という役割を分担して、AGAを改善していくわけです。
いずれも日本皮膚科学界で推奨されている成分ですから、確かな効力が期待できます。ただし保険が利かないため、通常の製品を継続使用するには相応の費用が必要です。その点、ジェネリック医薬品ならば価格を抑えられるので、経口薬と外用薬を併用しても負担は少なくて済みます。発毛効果をワンランク上げたい方には、有力な選択肢と言えます。