ツゲインの使い方講座
板書する男性

経口薬とは違い使い方に迷う散布薬。ツゲインの使い方をご紹介しています。

ツゲインを使用する際の注意点と副作用の内容について

頭皮主成分としてミノキシジルを配合しているAGA治療薬に、ツゲインというものがあります。
ツゲインはロゲインのジェネリック医薬品で、頭皮に塗布するタイプのAGA治療ということで、治療を開始したすぐの人でも使用しやすい特徴のものとなります。
ミノキシジルは頭頂部における脱毛症を改善させるために、高い効果が得られることが認められている成分です。
頭頂部の血流を改善することで、3か月から半年ほどの期間使用することで育毛効果を得ることができます。
ツゲインを使用する際の注意点としては、頭皮以外の場所に使用しないことが挙げられます。
特に目に入ると危険ですので、注意しながら使用する必要があります。
副作用は外用薬のアレルギー反応がある人の場合には、過度の使用を行わないように注意しながら使うことになります。
ツゲインの経口服用は危険性が高いために、禁止されています。
循環器系の副作用として、併用しては危険な薬がある点も注意点として挙げられます。
ワセリンやトレチノインなどの医薬品は、併用禁忌薬となります。
その他の副作用としては、アルコール成分が原因となる頭皮のかゆみやかぶれが発症する場合があります。
ツゲイン5の使用によるかゆみやかぶれの発症例が多くなっていますので、皮膚が敏感な人は注意が必要です。
配合されているミノキシジルを使用した際と、同様の副作用が発症する可能性があることも注意点となっており、血圧が低下することや手足のむくみ、めまい、不整脈や動悸などの症状を発症する場合があります。
これらの症状の発症率は2%から3%ほどの低い確率のもので、正常な用量や用法で使用することが大切です。
何かしらの身体の異変を感じたときには、素早く使用を中止して医療機関を受診するようにしてください。